今 思う事

皆さん 今日は気温が少し上がりましたね

春が待ちどうしいですね 

今日は3月11日。

東日本大震災から3年目を迎えました

2時46分

 

あの日

犠牲になった御霊に

どうか安らかにと

黙祷を捧げました

 

今日お客様とあの日のことを話してました。

 

私達はお店にいて 怪我もなく 無事でしたが

実家は気仙沼で 両親とはすぐ 連絡がつき 避難所にいるという事ですが

妹が津波から車で逃げているという電話の後 連絡がつかなくなり パニックに。

 

妹からまた連絡がきて 娘をよろしくと

そして 前の車が津波にのまれた

後ろの車も

 

私は気力を失わないよう なんか言った気がするけど

思い出せない

とにかく 姪の手配だけは 確実にと、いろんな方に電話し 妹の旦那様の実家

に着いた事を 確認しました

 

次の日には 防衛省に電話し 南三陸に行く自衛隊に繋いでいただき

 

妹のいる場所に 救助に行ってください とお願いしました 

そうこうしてるうちに 妹の旦那様から 平和の森というキャンプ場に

避難してると連絡が入り、命は助かったんだと ホッとして ポロポロ涙が溢れました

 

それからライフラインが断たれてるので

8日間連絡が取れませんでした。

心配で心配で 朝も夜もありませんでした。

 

やっと連絡が取れてからは、食べ物や乾電池 ありとあらゆる物を 送る事

が気力を保つ術でした。

 

瓦礫の中、運んでくださったのは クロネコヤマトさんでした

 

お店のお客様は 津波で家を流された子供たちのために

ケーキを焼いて下さったり 新品のシューズ 服 バック ポーチ オモチャ

 

さまざまな物を 気仙沼に 送って下さいました。

 

思い出すと 本当に感謝で胸がいっぱいになります。

 

天災は避けて通る事はできません。

この先何がおこるか わからないし

自分が何ができるかわからないけど 東日本大震災、神戸淡路大震災に起きたことを

教訓として 生きていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2014/03/11